物流自動化の初めの一歩。まずは出荷管理を自動化。

ASIMSは、ブラウザでご利用いただける自動出荷のツールです。
ASIMSがあれば、もうエクセルはいりません。面倒な出荷指示もあなたの代わりに対応します。

ASIMSでできること

ショップデータ取込みを
自動化

複雑な出荷手配を
自動化

複数倉庫からの出荷を
自動化

ASIMSの仕組み

ASIMSは、はぴロジプラットフォームのコントロールシステムです。
すべての倉庫を制御しており、出荷業務においてもっとも手間の掛かるショップデータのマッピングと
変換を簡単な設定により自動化、適切な倉庫から出荷します。

ASIMSの主な機能

ダッシュボード
すべてのセンター業務を一元管理
全倉庫の入出荷履歴や状態を網羅しているので、倉庫の動きが一目瞭然です。スマホ・タブレット対応、外出先からのチェックもOK。

データマッピング
エクセルマクロはもう卒業です
登録されている処理から選ぶだけで、ショップの受注CSVデータを自動変換。
フィルターアクション
任意の条件で、同梱制御を自動化
複雑な販促物の同梱を、受注データから自動的にコントロール。用意されている条件を組み合わせるだけで、思いのままに制御できます。
多様な出荷登録
どんなシステムにも対応できます
CSV登録、画面上で直接登録もOK。API対応ショップなら、指定時刻の自動取り込みも。さらにマッピング機能で、どのシステムにも対応可です。
分散出荷
複数拠点の出荷に対応
各倉庫の在庫情報を自動的に一元管理。配送先に応じて、自動で近い倉庫へ出荷手配します。欠品時の次点倉庫への自動切換えもOK。
FBA対応
FBAマルチチャンネルサービス対応
Amazonの在庫情報を自動同期したうえで、FBA(フルフィルメント By Amazon)へ直接出荷手配が可能です。

その他の機能

  • メッセージ
  • インフォメーション
  • JOB一覧
  • 出荷指示
  • 出荷リスト
  • 出荷実績
  • 未出荷実績

もっと見る

  • 入荷指示
  • 入荷実績
  • 商品マスタ
  • セット商品マスタ
  • グループ品マスタ
  • リピート品マスタ
  • 商品一覧
  • 在庫一覧
  • 在庫分散
  • 在庫分析
  • 発注店設定
  • 在庫ダウンロード
  • マッピング
  • マスタ
  • 企画商品
  • 出荷指示パス
  • 出荷指示エラー
  • データ変換
  • API連携

閉じる

【基本利用料金】

項目 詳細
利用料金
初期費用 0円
月額利用料 0円
データ従量費 10円
商品マスタ数 5,000点
出荷件数(月間) 無制限
機能
出荷管理
フィルターアクション
マッピング機能
注文分割処理
在庫分散設定
出荷完了メール
オプション
商品マスタ追加(2,000点単位・月額) 1,500 円
サポート
メールサポート
電話サポート

よくあるご質問

アカウントを複数、作成することはできますか?
可能です。サポート担当までお問い合わせください。
社外から利用することはできますか?
可能です。インターネット環境があれば、どこでもご利用いただけます。
独自に開発した自社ショップシステムや基幹システムでも使えますか?
はい、可能です。ASIMSでどんなデータでも自由に自動変換できますので、初期設定さえ済ませていただけば、以降は手間をかけず運用できます。 また、弊社提供のAPIに接続いただければ、独自システムでも自動化が可能です。API利用の追加費用はかかりません。
申し込みから、どれくらいで利用できますか?
要件によりますが、最短で1週間でご利用可能です。
スマートフォンやタブレットからでも操作できますか?
可能です。マネージャーや現場のスタッフ様など、お立場に応じて使い分けることが可能です。
はぴロジでAPI対応しているカートシステムなどは?
Amazon、EC-CUBE、Makeshop、ネクストエンジン、その他多数対応しております。
自社出荷で利用する場合、どんなことができますか?
複数ショップの注文データの一元管理や条件を付けて自動でデータを加工することができます。
出荷する注文商品を保管場所から取り出すための指示書であるピッキングリストを印刷できます。
また、e飛伝やB2クラウド、ゆうプリRから送状を出力するためのCSVもまとめて出力可能です。
お客様が備考欄に記載しているものだけ自動化しないことはできますか?
可能です。注文データに含まれる文字を判別して一時的に出荷を止めることができます。
自社出荷とFBA(フルフィルメント by Amazon)や楽天スーパーロジなど、モール系物流との併用はできますか?
はぴロジと併用されているお客様が多数おられます。
モール系物流は保管料が高いことが多いため、はぴロジ倉庫をメインセンターとして、各社の入庫ルールに応じたシール貼付等を行い、各社へ必要量を定期補充する運用をされています。また、メール便のみ自社出荷をするなど条件によって出荷拠点を変更することが可能です。
自社倉庫の在庫管理は可能ですか?
弊社製品のはぴロジWMSを合わせてご利用いただければ可能です。
はぴロジWMSについてご不明な点はお問合せください。

お問い合わせ