【働き方改革】無期限・恒常的なリモートワークの導入について

平素より格別のご支援を賜り誠にありがとうございます。

このたびの新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々およびそのご家族、関係者の皆様、感染拡大により日常生活に影響を受けられている全ての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

弊社は、新型コロナウイルス感染拡大防止への対応として2020年4月7日より全拠点緊急在宅勤務対応を実施し、当初この対応を緊急事態宣言の解除までとしておりましたが、物流とテクノロジーで流通に新しい価値を創造し続ける「流通インフラプラットフォーマー」としてデジタルテクノロジーを駆使し、「労働時間管理」から「成果創出支援」を中心とした「働き方改革」を強固に推し進めることを目的として、今後も在宅勤務を中心としたリモートワークを積極的に活用していく等、多様な働き方を積極的に導入することを決定いたしました。経営計画発表会等の会社が指定するイベントを除き、日々のリモートワーク・オフィス出勤の判断は業務に応じて柔軟に選択することを社員に委ねます。

本制度においては、従業員の勤務状況を監視するツール等は導入せず、職務設計の見直しや役割の再定義、目標管理による公正公平な成果評価制度等、自律と信頼ベースによる生産性の向上を促進し、変化が大きくスピードが求められる現代のビジネス環境におけるレジリエンスを確保してまいります。

また、弊社では新型コロナウイルス感染拡大防止による在宅勤務対応以前より、リモートワーク環境においても通常と変わらない業務対応ができるよう、全従業員へのノートPCの支給、TV会議システムや電話転送の仕組み、電子契約締結等、体制の導入構築につとめてきております。

東京・大阪・福岡にございます弊社オフィス拠点につきましては、社員間のコミュニケーションやお客様との交流の場として変わらず活用し続ける予定でございます。

ブレインウェーブでは、新しいテクノロジーや価値観の積極的な導入・対応でビジネスの在り方を変革していくとともに、社員の働き方も変革していくことで、ステークホルダーの幸福の追求をしてまいります。

こちらの記事もおすすめ